澄んだ空気。高い空。

かもめ食堂』を衛星放送していたので鑑賞してみたらスゴク面白くて吃驚した。
小林聡美さん+もたいまさこさんの組み合わせに意外性はないけど、片桐はいりさんを加える事でガラッと変わるものですね〜。しかし出てくる料理が美味しそうで困った。
それで『かもめ食堂』というとPasco
リサとガスパールのMyBagプレゼント》、ポイントシールが謎。
メロンパンには付いてるのにクリームパンに付いてないのは何故なのでしょう。
各店舗の信念とか?

ミステリなドラマ

なんだか、今年に入ってミステリ関連のドラマ、いろいろと放映されていますね。
単発、連続が多種多様。
ヴォイス〜命なき者の声〜』面白い……ンだけどこれまでのエピソードが全部似たような展開で、ちょっと鑑賞しようという意欲が薄れてきた。
『トライアングル』未見。連続モノは最初から諦めてる。
『相棒』SEASON7……相棒のいない『相棒』って……あり? しかも脚本、戸田山雅司さんがおそらく連続テレビ小説『つばさ』に参加しているためか、本格ミステリ感が皆無でつまらない……
キイナ〜不可能犯罪捜査官〜』うう。『ガリレオ』と『相棒』を足して4で割ったような感じ。イマイチなんだけど《ポルターガイスト》ネタのラスト、パラパラマンガに泣かされるとは思わなんだ。
Q.E.D.〜証明終了〜』意外といけます。『サイレントメビウス』に似たようなタイムスリップ話があったような気もしますけど、気にするな(再会させないコチラの方が余韻があって素敵です)。
『疑惑』見忘れた。
『警官の血』江口洋介さん演じる警官が首をへし折られる殺害シーンのインパクトに引き付けられたけど……あれ? なに、この失速感。
佐藤浩市さんが演じる悪徳刑事、熱演で流石だとは思うのだけど数日前にWOWOWの無料放送で『トレーニング・デイ』を観た後です。

「お、同じやね、デンゼル・ワシントンと」
麻薬取締官ってこんなのばっか?」
「……」

数えるほどしか読んでいませんけど、やはりショックで、思わず小さく叫んでしまいました。
金沢の石川近代文学館で先生のトランプが展示されていて無性に嬉しかったのが思い出されます。
泡坂妻夫先生のご冥福を心からお祈りいたします。

『少女ファイト』

まったく未読だったのですが第5巻の特装版のドラマCDに能登麻美子さんが出演されるという事を数日前に知り、今週末あわてて購入しに行きました。

しかし、店頭に全然見当たらなくて焦るあせる!
ようやく発見した一冊を購入しました。

単行本を読んだけどオモシロいっす。いきなり5巻から読み始めるのは我ながらどうかと思うけど。
さて、これからCD聴きますか(キャスト表見て)男性声優陣が豪華っすね……主演クラスだよいずれも。

ヴォイス

篤姫』の小松帯刀役の瑛太さんが非常に良かったので、是が非でも観ようと思っていた
ヴォイス〜命なき者の声〜
ヒューマンドラマと聞いていたのに、いや確かにヒューマンドラマだったのですが、
意外とミステリしていて吃驚しました。解明された真相が泣けました!
いいわ、これ。視聴続行します。
あ。被害者の元夫人役が美保純さんだったのですが、つい先ほど『鶴瓶の家族に乾杯』でゲスト出演してたな、とか思っていたら主人公、加地大己の少年時代が回想された瞬間。
よ、与六(『天地人』)!?
な、なんか嬉しい。

正月

『Akinator』という海外のサイトで好きなキャラクターとかを当てるということで、
半信半疑で試してみたら……

能登麻美子(日本の声優/歌手)

的中された……

「背が低くない」とか「あまりお酒が飲めない」とか解答したけど
「声優か?」とは一言も尋ねてこなかったはずなのに……すごい(絶句)

この後、店頭で購入してきた『クイーンズブレイド 流浪の戦士 零巻』を鑑賞。

川澄×能登コンビの作品が『かのこん』の次にコレというのは……

短いプロモ映像から判断するに(あるとするならば)地上波では濃いスモークや異常な光線に悩まされることになりそう。

12月の読書

2008年12月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3186ページ

■月蝕姫のキス (ミステリーYA!)
名探偵の誕生、よりも《悪の天才》の出現に目が奪われた感じ。闇は光なくして闇とはなりえない、ということで。
読了日:12月28日 著者:芦辺 拓
http://book.akahoshitakuya.com/b/4652086091

■詩羽のいる街
ハテナ?やモヤモヤ〜がゾクゾクと腑に落ちていく展開! 素晴らしい!! 読書の快楽を思い出しました。とりあえず図書館に『七時間目の怪談授業』の予約を入れて、と。さて、何処かに本のソムリエはいらっしゃいませんかね。切望します…
読了日:12月27日 著者:山本 弘
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048738844

■火村英生に捧げる犯罪
火村准教授は短編で活きてくるという印象がさらに深まりました。
読了日:12月25日 著者:有栖川 有栖
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163274502

■チュウは忠臣蔵のチュウ
忠臣蔵を見聞きしてこれまで、大石内蔵助が敵の目をあざむくために遊興にふける、というのが全く理解できなかったのですけど、むしろこちらの方が自然で、納得できたりします。
読了日:12月21日 著者:田中 啓文
http://book.akahoshitakuya.com/b/416327460X

■山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)
積んでは崩し、崩しては積む。
読了日:12月19日 著者:三津田 信三
http://book.akahoshitakuya.com/b/456204151X

ジョーカー・ゲーム
最後に魔王が部下……男に手向けた言葉が全て。故に正統な続編は難しそう。
読了日:12月14日 著者:柳 広司
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048738518

■別冊 図書館戦争〈2〉
「なるほど。だから『別冊?』ではあのシーンが描かれなかったのか。なるほど」と思いながら《あとがき》を読むと……《泣き》が入っていたっすか(笑)!とにかくシリーズを気持ち良く読み終えることができました。
読了日:12月13日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048672398

■カラット探偵事務所の事件簿 1
?はどんな展開をするのだろう。楽しみなシリーズです。
読了日:12月10日 著者:乾 くるみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4569696775

流星たちに伝えてよ (バーズコミックス)
着想はあの事件なのでしょう。ラストは、ただただ泣けます。しかし、たしかに『あいこでしょ!』の次回作には難しい内容ですね。
読了日:12月09日 著者:大井 昌和
http://book.akahoshitakuya.com/b/434480886X

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)
ラジオ(台本?)化している第三話が異常にテンポがよくて笑えました。第五話ラストの演説も筋が通っていて好きです。
読了日:12月07日 著者:葵 せきな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4829132523

■ひかりの剣
この激闘を超えて立ち姿は確かに《ジェネラル・ルージュ》! 矢張りカッコイイ〜ッ。一方『ジーン・ワルツ』既読ですけど清川、どんな奴でしたっけ(憶えてない;)
読了日:12月06日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163272704

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
読了日:12月02日 著者:羽海野 チカ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592145127